膝下の黒ずみ・色素沈着にLusTer(ラスター)|美白濃密クリーム

1年を通して必要な黒ずみケア
膝下、肘、気になる黒ずみ解消のヒント。

 

1年を通して降り注ぐ紫外線、
冬だからと言ってUV対策をおろそかに出来ません。

顔はもちろん、脚や腕の10年後も綺麗なお肌でいたいのなら
「洗濯物を干すだけだからだから・・・、
このくらいなら日焼け止めを塗らなくても・・・」
という事は言えないのです。

p2graph[1]

【春の紫外線対策】

グラフからもわかるように、紫外線量は3~4月頃から増え始めます。
特に5、6月くらいになると紫外線量は7.8月の紫外線と変わらないので
油断していると大変なことに!
日やけ止めをきちんと塗らないと、
気付かないうちに紫外線を浴びていたなんていうことも・・

また、春は季節の変わり目であるとともに、乾燥や花粉などのアレルギーで
肌が敏感になりやすい時期・・・

隠れていたデコルテやうなじ、腕や手の甲など露出することが多くなる季節です。

これらの部分にも日焼け止めを塗る前にラスターを塗りましょう。

★UVクリームの前にラスターを塗る意味

 

美白成分のほかに保湿成分、スクワランとセラミドが配合されているから

セラミドの中でもセラミド3という成分が含まれ、
水分を蓄える働きの他シワの防止や軽減といった効果が
期待されています。

【夏の紫外線対策】

最強の紫外線対策を必要とする時期です。
汗をかきやすい時期なので日焼け止めもこまめに塗り直しが必要です。
その他、レジャーなどのシーンに合わせて
ウォータープルーフタイプの化粧品もあると良いでしょう。

日焼け止めを塗る前に保湿作用のあるラスターを塗るのはもちろん、
ビタミンCなど抗酸化作用のあるサプリメントも
おすすめです。

日差しの強い日や長時間外で過ごす場合は、日傘や帽子
アームウォーマー、スカーフなども必需品です。

★紫外線が強くなる 季節のワンポイント

UVクリームを塗ると 肌が乾燥してしまう方
いらっしゃいませんか? 特に高SPFのものなど・・・

UVクリーム前の ベースに ラスターを塗って みましょう。

UVクリームに含まれる成分として

紫外線を吸収して紫外線が
肌に浸透するのを防ぐ、紫外線吸収剤

紫外線を反射し散乱させる、 紫外線散乱剤

特に紫外線散乱剤は、 皮脂や水分を吸収するので、
直接乾燥の原因になることも あります。

また、汗や水でクリームが 流れ落ちてしまわないようにする
セルロースなども乾燥の現原因に・・

 

ラスターは角質層から肌を 潤してくれるので
肌を乾燥から守ります。

もちろんUVクリームも 刺激の少ない成分を配合している
ものを選ぶのも大切です!

★UVクリームを選ぶ時の目安

日常生活
(洗濯物干し・買い物・散歩等)
   ↓↓
 SPF10~30 PA+~++

屋外でのレジャー・スポーツ
   ↓↓
SPF15~30 PA++~+++

炎天下での仕事・レジャー・スポーツ
   ↓↓
SPF30~50 PA+++~++++

どうでしょう? 自分の生活パターンと
比較してみて下さい。

これを参考にすると 普段の生活には
 SPF10~30 PA+~++  で十分ではありませんか?

あとは、こまめに塗りなおす などの工夫で
紫外線対策をしましょう。
 

★UVクリームを塗る時の注意点

顔まわりではまゆの間や髪の生え際、フェイスラインのほか、
耳の後ろや襟足も気を配ってください。

その他、首や胸元のデコルテ、サンダル痕が付きやすい足の甲なども
忘れずに塗りましょう。

もちろんベースにラスターを塗ることを忘れずに!

 

【秋の紫外線対策】

夏の紫外線の影響を受け、思った以上に秋の肌はダメージを受けています。

湿度も徐々に低下してくることで、肌の乾燥も気になる季節です。
乾燥した肌は角層のターンオーバーが進まず、
メラニンを含む角層が溜まりがちです。

そうです、このタイミングに美白ケアをしっかり
行わないとシミや黒ずみが定着してしまいます。

しっかりと保湿すること+ラスターを継続的に使うことで
ターンオーバーのサイクルを正常化します。

また、ラスターはメラニンブレーキ成分を配合しているので
メラニン自体の生成を抑えて、黒ずみを撃退します。

★ラスターを塗る時のワンポイント

肌が特に乾燥している場合は
ラスターを塗る前に 保湿の化粧水や
オイルをおすすめしています。

時々この化粧水やオイルを塗る順番を
変えて使ってみるのもいいようです。

◆ラスターを塗ってから化粧水

◆ラスターを塗ってからオイル

こんな感じですね。

いつもと同じお手入れだと肌が
慣れてしまうので、時々は
こんな風に順番を入れ替えてあげると
適度に肌が刺激されて良いようです。

1日2回のお手入れのうち1回だけでも
取り入れてみてくださいね。

実店舗で講習していただいたアロマの先生直伝の
方法なので 是非、お試しください!

【冬の紫外線対策】

不思議なもので冬になると
なぜか紫外線を気にしなくなるようです。

紫外線が弱まる季節ですが、しっかりと紫外線対策をしなければ、
シワやシミのたるみなどの原因になります。

冬場の湿度は低下し続けているため、特にこの時期は乾燥対策も重要です。

日焼け止めを塗る ◎化粧水でしっかりと保湿する ◎ラスターを塗る

この3点を守って紫外線量が増え始める春先に
備えていきましょう。

★冬の乾燥は黒ずみ対策の敵

お肌にいい湿度は65%~75%と言われています。
肌が乾燥してしまう湿度は、60%以下。

10月になると、最低湿度が60%を下回る日も・・

11月になると、東京の平均湿度が60%以下になり
ほとんどの日が肌の乾燥注意報になります。

だから今こそ本格的に乾燥対策の
お手入れを取り入れることが重要なのです。

特に足は皮脂線が少なく
乾燥しやすいパーツになります。
潤いのある肌はターンオーバーも
正常なので肌の生まれ変わりの
ペースも早くなりますよ♪

ラスタークリームだけでも
保湿は出来ますが
顔のお手入れと同じように
クリームの前に化粧水を使用することで
保湿効果をよりUP!

特にガザガザ肌で黒ずみが気になる
かかと、くるぶし、膝は重点的に
化粧水を付けてみてください。

お手持ちの化粧水でも良いのですが
ラスターミストを使用すると
クリームの浸透と保湿が違うことを
感じていただけると思います。

今日からお風呂上がりのお手入れに
化粧水+ラスタークリームで
乾燥&美白ケアしましよう。

 

 

また、「雪焼け」という言葉もあるように雪面は紫外線の反射率が高いため、
降雪地帯の方、スキーなどのレジャーにも紫外線対策必要です。

 

clouds-429228_640

 

 

【糖化を予防して美白しましょう。】

黒ずみ解消の条件の中でも
肌の状態が整っていることが大切です。

正常な肌の状態はターンオーバーサイクルも
きちんと整っていると言えます。
そのためには食生活も重要です。

活性酸素を抑えて紫外線をブロックし
肌を正常化するために、抗酸化力の高い
食材を積極的に摂りましょう。

抗酸化食材として
ほうれん草、ブロッコリー、人参など
緑黄色野菜の他、ニンニク、ショウガなどが
代表的な物ですが他にもまだまだあります。

例として

 ◎トマトにはメラニン生成を促す活性酸素を抑制し、
(※)チロシナーゼの働きを抑えてくれる
 リコピンがたっぷり含まれています。

 体内に吸収されやすくするために
 油を使う調理法がお勧めです。

◎バナナにはアミノ酸や各種ビタミンが
 含まれ食物繊維もたっぷり。
 スジの部分には、美容効果の高いポリフェノールが
 多く含まれています。

◎アボガドには、ビタミンCが
 豊富に含まれ美白効果が期待されます。

 また、ビタミンE、カロテン、カルシウム、鉄分や
 コレステロールの吸収を抑え老廃物を
 体外へ排出するデトックス効果のある
 オレイン酸、リノール酸などを含むので
 アボガドはアンチエイジング完全食品と
 いってもいいでしょう。

◎そばには抗酸化作用の強いルチンが含まれ
 ビタミンやミネラルも豊富な食材です。

◎ナッツ類には若返りのビタミンと言われる
 ビタミンEがたっぷり!
 口寂しい時におやつの代わりにナッツを
 食べるといいでしょう。

避けた方が良い食べ物

添加物の多い食品や、トランス脂肪酸など
悪い油を取らないようにする。

甘い物や炭水化物も過剰に摂るのは避けましょう。
肌の(※2)糖化を招き、クスミや肌ハリの低下の
原因になります。

(※)チロシナーゼ  メラニン色素を作りだす物質
(※2)糖化  体内に入った糖質(ブドウ糖)が
        肌内部のタンパク質と結合することで
        AGEといわれる茶褐色の物質が生成され、
        その結果、肌の構造が変化し、劣化することをいいます。 

皮膚はその構成成分の7割がコラーゲンです。
コラーゲンはタンパク質ですから肌は、
この糖化の影響を特に強く受けてしまいます。

★糖化を予防する工夫

【その1】食べ物・栄養素と食べ方の工夫で糖化を防ぐこと

思い当りませんか?

・ラーメンや丼物など炭水化物をよく食べる
・ケーキやお菓子など甘いものが好き
・清涼飲料水をよく飲む
・揚げ物が好き
・野菜・果物はあまり食べない
・夜遅くに食事することが多い

野菜や発酵食品、良質なたんぱく質など
バランスの良い食生活を心がけましょう。

【その2】簡単な運動を上手に取り入れること
 
出来るだけ歩くことを心がけましょう
簡単なストレッチや体操を続けましょう。

【その3】質の良い睡眠をとる

忙しくてつい夜型の生活に・・
その結果睡眠を十分に取ることができない。

思いあたりませんか?

・寝る直前までスマホを見ている

パソコンやスマートフォンから発生する「ブルーライト」は、
脳を刺激し活性化させる原因となります。
そのため、就寝前の1時間から2時間はパソコンやスマートフォンの
使用は控えることを心がけましょう。

・入浴後すぐベッドへ・・・

入浴は、就寝1時間前までに済ましておきましょう。
入浴によって温まった体温が次第に下がることによって、
自然な眠気を呼び起こします。

・寝室の環境は?

照明は暗く、適温で、静かな状態がベストです。

寝室の温度が高いと睡眠の途中に目覚めてしまうことも・・
寝室の温度は夏の場合約25℃から27℃、
冬の場合は約17℃から20℃がお勧めです。

・朝起きた時に太陽の光を浴びてますか?

太陽を浴びて体を動かすことで分泌が促される
物質、「セロトニン」。

体内時計に働きかけて覚醒状態から睡眠状態へと
脳や身体を切り替える「セロトニン」は脳内神経伝達物質の
ひとつで、生体リズムや体温調節などにかかわり、
精神に安定をもたらす作用があります。

体内時計がリセットするきっかけにり
一日のリズムを作り出すことができます。

【その4】ストレスが溜まっている

ストレスをため込まないこと・・
一言でいうのは簡単ですが、解消法は人それぞれ・・
布団に入った時は嫌なことは忘れましょう

【その5】外的な要因に気をつける

 紫外線対策をしっかり行い
 摩擦などの刺激から肌を守りましょう。

帽子や日傘アームウォーマーを使用する。
保湿とUVクリームをしっかりと塗る。

 

****************************************************************

 

「いいもの」 を取り入れる前に、まずは
「よくないこと」 を減らすということも重要です。

お肌に負担をかけないのはもちろん
ビタミンCをたっぷり摂ったり、
お肌のターンオーバーを促がす薬用美白濃密クリーム
「ラスター」を塗る。

色素沈着を薄くするにはどんなに
良いものを使っても時間はかかります。
あきらめずにやる気持ちがとても大切なのです。