黒ずみケアについて、使い方やお客様体験談などをまとめました。

 

黒ずみをケアするにあたって普段の生活習慣を変えれない

職業柄ケアをしてもなかなか改善されないなど

生活習慣を変えることはできないが、ラスターでケアをすることによって

今以上に黒ずみが酷くならない為に、ケアを続けて黒ずみを最小限にとどめることも大切です。

また、ラスターを使い続けることによって、乱れていたターンオーバーを正常に保ち

肌再生力を取り戻します。

 

職業柄ひざをつくことが多い方の黒ずみや年齢による黒ずみに「ラスター」

 

「ラスター」をお使いいただいている方の職業で

膝の黒ずみが気になって・・・と言われることが
多いいのが保育士さんや介護士さん、他にも仕事柄
膝をつくことが多い方など。

せっかく「ラスター」でお手入れを始めたので
毎日の動作の中で出来るだけ膝を着かないように
気をつけてます・・・という保育士さんもいらっしゃいました。

膝をつかないようにしたいけど、
目線を合わせるため膝をついて入所者さんと
お話をするようにしているので・・
という介護士さんも・・・。

 

また、職業に関係なく正座することが多いいと

膝の黒ずみはもちろん、くるぶしあたりの
黒ずみが徐々に気になってきます。

そして、お客様とお電話でお話しすると、

「以前はそんなに黒ずんでいなかったのが
ここ何年かで急に黒ずみが出てきたように思います。」

という方がいらっしゃいます。

差し支えなければ・・・と
年齢をお聞きすると40代後半から60代くらいの方の
割合が高いように感じました。

色々とお話を聞いていくと
日常生活での行動などは変化はないとのこと。

そうなるとやはり、歳を重ねることによって
ターンオーバーサイクルのスパンが長くなっていることで
肌が上手く再生でき無い状態が続き
メラニンが蓄積されて、黒ずみが目立つように
なってきていることが原因の一つにあげられます。

このまま何もせずにいれば、メラニンがうまく排出されない
状態が続き、黒ずみが濃くなっていくことが考えられます。

「ラスター」は肌のターンオーバーのサイクルを整え
肌の生まれ変わりを助けてくれます。

そして、蓄積されているメラニンの排出を促します。

また、これから黒ずみになろうとしているメラニンに
ブレーキをかける成分もたっぷり含まれているため
相乗効果で黒ずみの解消に役立っています。

塗って1.2ヶ月で効果を実感したいとい方には
物足りないかも?と思いますが、じっくりと時間をかけてでも
黒ずみを解消したいという方にはぴったりのクリームです。

保湿成分となる「スクワラン」「セラミド3」
肌につやと柔らかさを与えてくれる
「アルピニアカツマダイ種子エキス」など・・・

055738637aa0a371a270c91c7e71938e_s

 

 

 

 

 

膝や肘は皮脂線と汗腺が少ない乾燥地帯,黒ずみになりやすいって知ってました?

 

 

・ラスターを定期購入されているO様からこんな声をいただきました。

 

Q.「ラスターを使用して9カ月になります。肌の乾燥もなくなり
膝はずいぶん白くなりました、肘はもう少しです。

膝と同じように使っているのに肘には
なかなか効果を実感できないのは
どうしてでしょうか?」

A.膝や肘は身体の中で最も皮脂線と汗腺が少なく、

乾燥しやすい部位なので潤いも少ない部位になります。

ほおずえをつく膝をつく動作が多いなど、
摩擦による刺激を受け続るプラス潤い不足で乾燥肌に!!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  黒ずみになりやすい

ナイロンタオルでゴシゴシこする、角質がかたくなり乾燥肌に!!
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  黒ずみになりやすい

黒ずみが気になりピーリング剤を使う
正常な角質層を破壊してしまう
摩擦、乾燥などの刺激に弱くなる
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  黒ずみになりやすい

加齢による肌の状態の変化
20歳をピークに徐々に肌の弾力や
ハリは落ちていきます。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  黒ずみになりやすい

黒ずみになりやすい主な原因を上げてみました。

ひじ、膝は圧倒的なダメージを受けている部位なので
改善までには時間がかる場合がございます。

この摩擦の刺激によってメラノサイトが活性化し
色素沈着を引き起こし結果、黒ずみとして残ってしまします。

膝の黒ずみに効果を実感していただいているのでしたら
ひじにも何らかの変化があると思います。
どうぞ、気長にお手入れを続けてほしいと思います。

 

・O様からは「顔や首も白くなりますか?」とのご質問もいただいています。

 

皮膚は1枚なのでもちろん足の黒ずみに効果がある以上、
お顔やデコルテ部分のお手入れにも
お使いいただけます。

お顔の場合は洗顔後に化粧水→ラスターで保湿&美白

首からデコルテにはふき取り化粧師水をコットンにつけて
汚れをふき取ってからラスターを使ってみて下さい。

拭き取り化粧水は、石鹸で落としきれなかった汚れや皮脂、
古い角質などを除去する効果がありますので、
保湿ケアの前のお肌をすっきりきれいにすることができます。

古い角質をためずにいられるので
ターンオーバーを促す効果があるようです。

お風呂上がりでもふき取り化粧水を使うと
意外と首回りは汚れていることがわかりますよ。

ラスターは「全身に使える美白クリーム」です。
是非、膝以外のお手入れにもお使いください。

portrait-1320810_640

透明感ともっちり肌、使用感が最高に良いクリームは「LusTer」

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません

 

 

 

ラスターを使っても黒ずみに効果をあまり感じないんです・・・という方へ

 

「ラスターを使って2ヶ月、
あまり黒ずみに効果があるように思えなくて・・」と
お電話をいただきました。

まず、お話ししたことは
どのような原因で出来た黒ずみなのか?

日々、膝をつくような生活ですか?

「そうなんです、保育士です。」とのお答えが・・

職業柄、保育士さん、介護士さんなど
日常、どうしても膝をつく動作からは
免れない状況下の方、
または、昔からの習慣、正座をすることが多いなど
が当てはまる場合。
↓↓
やはり出来るだけ膝をつかないことを意識してください。

ラスターが、肌の状況を改善するスピードより
膝に摩擦や乾燥による刺激が常にあることで
メラニンが増殖し、なかなか、黒ずみ改善に効果を
実感できないパターンではないでしょうか?

少なくとも、ラスターを使うことで今の状況よりも
黒ずみが濃くなっていくことはないと思います。

根気強くラスターを使い続けることでターンオーバーの
サイクルが整いますので、
継続してお手入れを続けてほしいです。

 

・加齢による黒ずみの場合

 

お電話でお話ししていると、
50代後半くらいからの方から多く聞かれるのが
「ここ、2.3年で急に黒ずみが気になるように
なりました・・・」という声をいただきます。

歳を重ね、肌が老化してくると肌の水分を保持する力が衰えてきます。
もちろん新陳代謝も低下。
肌が持っているバリア機能も低下し、肌の乾燥がすすみ
外部からの刺激にも弱くなっていきます。

このことで肌の再生のサイクル周期(ターンオーバー)が
遅くなり、メラニンの排出がうまく機能しないのです。

急に黒ずみが濃くなったような場合は
このパターンが当てはまると言えます。

まずは、化粧水で保湿をすることで肌の水分を維持するように
しましょう。

そしてラスターを塗ってください。

目で見える範囲よりもお肌の内部は
メラニンが広がっています。

塗る範囲は黒ずみの部分より、気持ち広めに
しっかりと塗り込みましょう。

半年くらい使っていただくと以前より
黒ずみが薄くなってきた事を実感する方が多い様です。

そして、大事なポイントは

規則正しい生活、
睡眠はたっぷりとっていますか?

9bfea3c039e1f591aebb025867fa2765_s

バランスのとれた食事             

好きなものばっかりの「ばっかり食い」
インスタント食品やコンビニ弁当が多い、
どちらかというと野菜をあまり食べていない。
フルーツからのビタミン補給も少な目・・・ 

cc62e9c4c8449b45db49b07d406b464a_s

そういえば顔や、腕や手はUV対策していても
足には全く無頓着、
紫外線対策もあまりしていない・・・

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s

思いあたるふしはありませんか?

全てではなくても、できるところから
日常生活を見直しましょう。

 

 

 

膝の黒ずみを改善!お肌のバリア機能をUPさせましょう。

 

・黒ずみの改善には保湿も大事な要素となります。

乾燥肌の場合、お肌のバリア機能が弱っている状態なので、
外部からの刺激を受けやすくその刺激からお肌を守るために、
お肌が「メラニン色素」を作り出して自らを防御します。
そしてメラニン色素が沈着することで、肌の色が黒くなるのです。

 

メラニン色素はお肌のターンオーバーによって新しい皮膚に
生まれ変わることで排出されます。

乾燥肌の方はお肌のターンオーバーがうまくいかないことが多いために
メラニン色素がいつまでも残ってしまうのです。

なぜ、乾燥が膝やくるぶし、肌の黒ずみの大敵なのかが
わかっていただけたかと思います。

そして多くの方が、肌の乾燥に悩んでいるという声を聞きます。

「ラスター」には保湿効果があるので、もちろんたっぷり使って頂きたいのですが、
その前にお風呂での身体の洗い方にも気を付けてください。

日本人のほとんどの人が身体を洗いすぎと言われているようです。

毎日のようにお風呂やシャワーに入り、
石鹸をつけてスポンジやタオルで
皮膚をゴシゴシ洗っていると、
肌表面の皮脂膜や、角質層の保湿成分まで
奪ってしまうので肌が乾燥しやすくなります。

7fb0252d6c12bbccb6bd69ab6a187a5c_s

★体を洗う時のポイント★

◎皮膚の防御機能である「皮脂膜」を壊さないように優しく洗う事が大事です。

◎スポンジやタオルは使用せずに体身体を洗う時は、
手で優しく洗うことがポイントです。

泡を立てるためにスポンジやタオルを使うのはO.K! 
そしてお風呂上がり5分以内に「ラスター」で保湿です。

膝下やくるぶしだけではなく、腕や手の甲、デコルテ、
顔など乾燥が気になる部分にお使いください。

美白だけではない保湿効果を感じていただけると思います。
実は「ラスター」には保湿効果のある成分が含まれています。

毎日のお手入れに取り入れることで肌のターンオーバーを
正常化して紫外線の吸収を抑制します。

潤いのある肌は紫外線によるダメージを受けにくくし
肌のセラミドが整っているので美白効果が高まります。

これは、顔に関わらず、膝下やひじなどのボディにも言えることなのです。

肌のトーンを明るくするためにも「ラスター」でしっかりと保湿をし、

バリア機能をUP!潤いをキープして肌のきめをしっかり整え、
美白効果とともに透明感を演出しましょう。

74689d2f349c74180824eec0c1fac956_s

乾燥を撃退!保湿成分と美白成分の相乗効果で黒ずみを解消

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏に間に合わせたい!きれいな膝を目指す人の黒ずみのお手入れ

 

冬の間は長いパンツやスカートを履いているし

タイツやスパッツで隠せばたとえ肌が乾燥していても

ガンコな黒ずみがあってもごまかしがきくと思いますが

これから春になり温かくなると肌の露出も増えるし

短いスカートやパンツを履いてオシャレをしたいと女性なら誰でも思いますよね。

 

そうなると膝やくるぶしの黒ずみはどうしますか?

今すぐにどうにかしたいと思っても、すぐには黒ずみのないきれいな肌に改善されません。

お肌にはターンオーバーという肌の生まれ変わりがあります。

一般的には生まれ変わりの周期が28日から56日程度といわれています。

ターンオーバーには個人差があります。加齢とともに新陳代謝が低下し

30代から40代になると45日程度はかかるといわれます。

 

年齢とともにちょっとした傷や黒ずみも治りにくくなっていくのはそのためです。
肌がくすむ、シミが増えた・濃くなったなどの症状が現れたら

ターンオーバーの機能が低下しているサインだと見逃さないようにしましょう。

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても肌トラブルの原因となります。

正常に保つためにも睡眠時間や規則正しい生活、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めないなど

基本的な日常生活習慣をもう一度見直してみましょう。

 

ターンオーバーが遅い場合は角質が溜まりくすんだり

薄皮を重ねたようなごわつきが出てきます。

また傷跡や黒ずみも治りにくくなります。

 

逆に洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。

ターンオーバーが早く乱れた肌は、核を持ったまま(不全角化)表面に押し上げられた状態となり

未熟な細胞のまま表面に上がりゴワゴワしている状態ですので

水分を保持することが難しく乾燥したりします。

 

ラスターにはグリチルレチン酸ステアリルというマメ科の多年草である甘草から

抽出される油溶性の天然植物由来成分で紫外線や摩擦などによる表皮細胞の炎症を抑える事で

メラニン刺激ホルモンの活性化を抑制します。

 

また、皮膚を正常な状態に整える事でターンオーバーサイクルを整えて

メラニン色素の蓄積を防止しする成分が含まれています。

これらの優れた成分が膝の黒ずみに働きかけ、できてしまった膝黒ずみを改善へと導いてくれます。

 

お手入れ方法として、入浴後きれいになったあとの気なる膝の黒ずみにまず化粧水などで水分を与え

それを逃がさないようにラスターを塗り蓋をするということです。
丁寧に保湿と保護をして洗いすぎないようにするとお肌の正常化につながります。
ガンコな膝の黒ずみには朝晩のお手入れをおすすめいたします。

先ほどもお話しましたターンオーバーですがとても時間がかかるものです。
長い期間をかけて出来た膝の黒ずみはそれなりに時間をかけないときれいにはなりません。

ですから夏に向けて一日でも早くケアをすることをおすすめいたします。

夏には膝の黒ずみのないきれいな足でおもいっきりおしゃれを楽しみましょう!

海

膝下の黒ずみにはラスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるぶしの黒ずみのケアに・・・綺麗な足でパンプスが履けた!

 

半年前からラスターでくるぶしの黒ずみケアをしているという
お客様S.Yさんのラスター体験談です。

————————————————————————————————–

私はくるぶしの黒ずみが気になってそのケアの為に、ラスターを使っています。
結構がんこな黒ずみだったんです。
仕事柄パンプスを履くことが多いので、くるぶしの黒ずみが目立ってとても気になっていました。

使ってまず実感したのはしっとり感。べたべたしないのに潤いがあるんです。

一ヶ月たった頃からは、くるぶしの黒ずみが赤みを帯びてきて
気になったので問い合わせたところ、
黒ずみが薄くなる前のいい反応だということで、安心しました。

3ヶ月目からは、黒ずみが少し薄くなってきて、
更にその後、黒ずみの範囲が小さくなってきたんです。

今までドラックストアなどのクリームで、くるぶしのケアをしていましたが、
効果を実感したことはありませんでした。
その度にがっかりして…。
でもラスターを使って、はじめて黒ずみへの効果を実感できたんです。
とてもうれしくて!

久しぶりに会った妹に見せると「薄くなってる!」とびっくりされました(笑)

今使って半年がたちますが毎日根気よく塗っています。
黒ずみはさらにうすくなっていて、
自信を持ってパンプスを履くことが出来ています。

———————————————————————————————————-

パンプスをはくときも自信を持てるようになったとのこと、
S.Yさん、私たちもうれしいです。本当に良かったですね。

黒ずみに状態によっては、変化がわかるまでお時間がかかることもあります。
でも、こつこつと毎日使うことによって必ず効果を実感できます。

今も根気よく続けて頂いてるS.Yさん、これからも一緒にケアをがんばりましょうね。

体験談ありがとうございました。

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s

くるぶしの黒ずみ解消にも効果のあるラスター   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝下の黒ずみに・・薬用美白濃密クリーム 【LusTer】はこう使おう!

 

膝下のほか気になる黒ずみに効果あり!
薬用美白濃密クリーム【LusTer】の使用方法

   ★夜のお手入れ方法

   お風呂上りの肌が柔らかい時がおすすめです。

   クリームはパール大程度の大きさを手に取りをひざ下からくるぶしまで
   全体に塗ってください。
   さ~っとではなくじっくりとクリームが浸透するように塗ってくださいね。
   脚全体がしっとりとなるのを感じていただけるはずです。

   黒ずみが特に気になる部分(くるぶしやひざ)は
   入念にクリームをすり込んでください。

 

  ★そしてかっさプレートでむくみも撃退しましょう!

①お手入れ前には足先を交互に上下させて

伸ばし血行を良くさせると効果的です。

②足裏をローズクォーツかっさで刺激します

③ふくらはぎ裏の下からひざ裏にかけて
 かっさでスライドさせて上へ流していきます。クリームを塗ることですべりも良くなります。

※この時、ひざ下全体を何回かに分けて流すと良いでしょう。
 心地よいと思うくらいの力加減が大事です。

※必ずラスタークリームを塗ってからマッサージを行いましょう。

 ④最後にひざの周りのツボをかっさで押し当てながら刺激します。

 お手入れ後は足が軽くなったように感じていただけると思います。

 

★朝のお手入れ

特に黒ずみが気になる部位(膝、くるぶし、ひじなど)
小豆大ほどピンポイントに重ねづけしていきます。
ピンポイントと言っても範囲は黒ずみよりも少し広めの範囲に!をしっかり浸透するまで擦り込んでくださいね。

ひざ、くるぶし、ひじへ重ねづけの集中ケア!!

 

★頑固な黒ずみに+αの使い方

黒ずみの部分が摩擦などで角質が厚くなっている方
肌が乾燥気味の方は初めに化粧水で保湿した後に
【LusTer】を使ってみてください。
 クリームの浸透も違います。

長年の頑固な黒ずみ部分をお持ちの方は、
朝晩のお手入れにさらに可能な時は、
昼間の隙間時間にピンポイントで
お使いください。

朝晩のお手入れの他、昼間の時間に・・・
持ち運べるサイズなのでバッグの中へ忍ばせて・・・

特に黒ずみが気になっている部分へ
重ねづけをおすすめしています。
重ねづけすることで、より効果が期待できます。

膝の他、くるぶしやひじ、もちろんお顔の気になるシミにも
おすすめです。

ターンオーバーのサイクルは人それぞれです。

時間がかかっても必ず結果がついてくると信じて
お手入れ頑張りましょう。

肌が生まれ変わりますよ~

全身の気になる黒ずみにもおすすめ【LusTer】はこちら

 

 

・あってよかった!お尻の黒ずみケアにも使えるクリーム

 

普段は見えない場所なのですが
意外とみんな黒ずみが気になっている部分と言えば
どこでしょう?

そう、ずばりお尻なのです。

温泉や海、プールなど
人の視線が気になりませんか?

【LusTer】の使用方法をお伝えするお話の流れで
「お尻の黒ずみにも使える美白クリームに出会えず
悩んでいます。」
という声が多いいことに気が付きました。
そんな黒ずみにも【LusTer】をおすすめしています。

beach-1368021_640

その前になぜ、お尻に黒ずみができるのか?
ということから説明しましょう。

まず、お尻に黒ずみができやすい方と
そうではない方がいらっしゃいます。
特に痩せている方はできやすいようです。

その中でも特に

1.お仕事などで
 長時間座っていることが多い方・・・

なぜなら椅子などの摩擦によりメラニンが活性化し
黒ずみが生じやすいのです。

また、体重がかかってお尻の血行が悪くなり、
代謝も進まずターンオーバーが乱れ黒ずみが
進行してしまったり・・・と悪循環を引き起こします。

その場合クッションなどの柔らかな素材を
椅子にひいて直接的に強い摩擦が起きないように
するのがお勧めです。

2.入浴の際にはボディブラシやナイロンタオルを使って
 ゴシゴシ洗っている。

肌フローラのバランスが崩れて乾燥を引き起こします。

3.下着は天然素材ではなく化学繊維(ナイロンなど)だったり
 シェイプ機能がありお尻全体を締め付けるものを着用している・・・

思い当たる点はありませんか?

★【LusTer】の効果的な使い方

ゆっくりと湯船につかって、身体を温めた後のお風呂上りに・・

!!適切な量をピンポイントではなくある程度色素沈着の周辺皮膚へも塗りましょう!!

使用量があまり少ないとクリームの効果を発揮できませんので
塗った部分がしっとりとするくらいの量を塗ってみてください。

【LusTer】には美白成分以外に、保湿成分も含まれているので
乾燥を防ぎ摩擦からの刺激からお肌を守ります。

但し、上記の1.2.3の日常生活を続けていたり
色素沈着してから長期間経過している場合など
改善するのに長い期間がかかる場合もあります。

特に黒ずみが気にならないという方も
保湿効果とメラニンの生成を予防する効果もある
【LusTer】はおすすめです。

温泉、プール、海など
お家以外で着替える場面に備えて
是非【LusTer】でお手入れしましょう!

ボディ全体の黒ずみにもおすすめ【LusTer】はこちらから

 

 

・『ラスター』にプラス、蒸しタオルパックで角質を柔らかくして黒ずみ改善

 

ひざの黒ずみの改善に、週に1.2度スペシャルなお手入れをしてみませんか?

蒸しタオルを使うことで、毛穴を開かせ余分な汚れを落としたり、
固くなった角質を柔らかくして、化粧水やクリームの浸透をスムーズにするのです。

必要なのは特別なものはありません、清潔なタオルを用意して
さぁ蒸しタオルでのお手入れスタートです。

(1)タオルを水で濡らして絞り、
電子レンジで30秒ほど温めて蒸しタオルを 
作りビニール袋へ入れます。(熱くなりすぎないように注意)

(2)ラスターを、足全体にたっぷり塗ります。 

(3)足全体を包むようにビニールに入った蒸しタオルを巻き、、
 さらに乾いたタオルで包み10分くらいおきます。 (膝のみでも可)
 乾いたタオルで覆うことで冷めにくくなるような気がします。

(4)蒸しタオルをはずすとしっとりとしているはずです。
 ここで足全体を軽くマッサージするといいですね。
 固くなった角質が柔らかくなり、毛穴が開きしっかりとラスターが肌に浸透していると思います。

※蒸しタオルをビニールに入れるのは
 そのまま、肌に当てると水分が蒸発する時に
 肌の水分も奪うのを防ぐためです。

これは、手にも応用できます。

手の甲にたっぷり塗って蒸しタオルで包んでください。
その後はひざと同じように上からラップやビニール袋で包み、
さらに乾いたタオルで包み10分くらいおきます
ラップとタオルをはずしてマッサージします。

実はこれ・・私、スタッフKもやっています。

手の甲のシミが気になっていたので
朝昼晩に塗る他に蒸しタオルでのお手入れを
週に1度、取り入てみましたた。

蒸しタオルパックを初めてする時に
試したことがあります。

片方だけ蒸しタオルパックをしてみての
左右の手の感じの違い・・・

ラスター+蒸しタオルパックを試した手の方が
しっとりしているのはもちろん
血行が良くなったせいなのか
肌の色が明るくなっているのがわかりました。

自分の身体をお手入れすることって大事です。
可愛がってあげると答えてくれる・・・
そんな感じがします。

ラスターを塗り続けて半年位で手の甲のシミも
薄くなってきましたよ~まだまだ、きれいになるまで頑張ります。

皆様も是非、蒸しタオルパックお試しください。

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません

50e2686e3a95bb17b4db2b753cd4c87b_s

しっとり保湿と黒ずみ解消ができる「LusTer」

 

・ひじの黒ずみにも「ラスター」・・膝の黒ずみ以外にも使えるクリームです。

 

ラスターを購入するにあたって「ひじ」の黒ずみに
関しても使用できるのかというご質問をいただきました。

Q. 年齢のせいもあるかと思いますが
  私は「ひじ」の黒ずみがひどく半袖の季節が憂鬱です。

「ひじ」をつく癖があり、また肌も乾燥しているので
角質も厚くなっていると思います。

垢こすりでゴシゴシこすって
その後にボディクリームを塗ってみたりしても
黒ずみも皮膚の固さもよくなりません。

「ひざ」の黒ずみを解消できるならば
「ひじ」の黒ずみにも使ってもいいのでしょうか?

また、使える場合にはどんな使い方がよいのか教えて下さい。

woman-828888_640

A. この方はお写真も貼付していただきましたが
  かなり重度の「ひじ」の黒ずみでした。

ラスターは全身に使えるクリームなので
もちろん、「ひじ」の黒ずみにも使えます。

但し、改善は可能ですが、一般的な状態の方より
少し時間がかかる思ってください。

注意することとしてはまず、
洗浄力の強い石鹸等でゴシゴシ洗いはもちろん
垢すりなどを使うのもやめてみましょう。
摩擦により黒ずみの素(メラニン)が活性化してしまいます。

そしてラスターの塗布頻度を多めにする必要があるかと思います。

ラスターの塗布頻度としましては最低でも1日2回
(夜のお風呂上り、朝のお出かけ前)
可能であれば日中にどこか1回塗布して
頂ければ良いかと思います。

皮膚がめくれており皮膚のバリア機能が
ほぼなくなっている状態なので
紫外線による影響を大きく受けます。

なるべく直射日光に当たる時にはクリームを
多めに塗布して頂ければと思います。

まず、肌の生まれ変わりのサイクルを整えて
いくところからがスタートなので
年齢や始めのお肌の状態にもよりますが
1か月継続頂けると少し変化があるかと思います、
理想は3か月以上継続頂くと何かしら良い結果につながると思います。

「ひじ」も膝も同じようなお手入れで黒ずみに
対する効果を期待できると思いますので

もちろん、摩擦によるメラニンの生成を防ぐために
「ひじ」をつくという行為をできるだけしない、
紫外線からの刺激を受けないようにUV対策をするなども
大事なポイントです!

 

 

 

くるぶし、膝の黒ずみに軽石は厳禁!

 

 

Q.以前からくるぶしの黒ずみが気になっており
ラスターを使い始めました。

数年前までは くるぶしに軽石を使用していました。
かなり前からから黒ずんでいたように思います。

プールなどでは恥ずかしいので、何とかならないかとケアを始めました。
ハイドロキノンなども試したことがありますが、くるぶしの黒ずみが良くならず
未だ足を出すのをためらいます。

今は、軽石などの摩擦が良くないと知り
お風呂では軽石は使用せず、泡だてたボディソープで、
こすらないように洗って、一ヶ月に2、3回 ピーリングをします。
その後に保湿化粧水をつけてからラスターをつけています。

年季が入ったものなので簡単には黒ずみの解消はできないと思いますが 
ラスターをどれくらい使用したら黒ずみは良くなりますか?

00258af087622dc1b51860fe1858ba4c_s

A.年月がかなり経過しているということなので うまく黒ずみの排出を
  焦らずゆっくりと促していくのがポイントとなります。

ピーリングを使っているということなのですが どのような物をお使いですか?
ひとつ気を付けていただきたいのが ドラッグストアなどで安価なものは
中の成分の削る球体がとがっていたりして 逆に肌を傷つけてしまうケースがあります。

成分が球体でいて肌に密着し 優しいものなら問題はないのですが
肌あたりの強いものを 頻繁につかていると むしろ黒ずみを悪化させる原因にもなるので
このあたりが1番 気になったところでした。

ピーリング後のアフターケアも大切です。
むき出しになった肌に対して紫外線対策などがしっかり
できていたら 良いのですが、そこをおろそかにすると
むしろ逆効果になるということをまずお知らせしておきますね。

保湿化粧水などをうまく使っているので 安心はしておりますが 
なるべく優しくラスターを朝、晩と2回はケアを続けてください。

結果を出している方だと 昼の時間にピンポイントで黒ずみの部分へ
ラスターをのせている方もおられます。
たっぷりでなくていいので ほんの少量でも昼間のお時間につけていただけると
また結果が出てくるかと思います。

よく好反応として黒ずみの部分が赤黒く変色してくる方もおられますので
黒ずみが赤みを帯びてくるのをまず待ちましょう。

軽石ややすりなどで削っていたということですから 
ダメージは大きいかと思います。
ですが、あきらめずに肌の再生力を信じて、頑張ってほしいかと思います。

何ヶ月使用したら効果を実感できますとはっきり言えませんが、肌の再生は年齢+28日が目安です。 

その再生力を見ながら 日常の生活 座ったりする時の足にかかる
負担などそのあたりを気を付けながら 
この先もラスターでしっかりケアしましょう。

黒ずみケアはこすらずにラスターでじっくりお手入れ

 

 

膝の黒ずみやボディケアは冬のうちから

 

 

冬の季節、気温の低下や乾燥とともに肌はうるおいを失っていきます。

とくに、衣類に覆われて目につきにくいひじや膝、かかと、くるぶしはどうしてもお手入れをさぼりがち。

いつの間にか黒ずみ、かさつきを生じてしまいます。

分厚く、かさついた肌は、放っておくとひびわれや出血のトラブルを起こすこともあります。

乾燥するこの時期、特に乾燥しやすいひじや膝。
角質も固くなりやすいので、放置しているとガサガサになって黒ずみなどの原因になってしまうこともあります。
そして、乾燥しているのはひじや膝だけではありません。
冬の季節は空気が乾燥している以外に、暖房やストーブを使うので更に空気の乾燥が増します。
乾燥はくすみやシワの原因にもなります。ひどくなる前に全身ボディケアが必要となります。
冬だからと油断をしていると、春先にいざ半袖、素足になろうとしたときに、後悔してしまうかもしれません。
今のうちから準備をし、集中ボディーケアを行いましょう!

膝に限らず関節は、動かすために皮膚が伸縮するので黒っぽく見えやすい部分。
しかし、まっすぐ伸ばしている時でも、肌とは明らかに違う色ならば黒ずみと言えます。
肌は紫外線を浴びたり刺激を受けると、メラノサイトが刺激されてメラニン色素をたくさん製造します。

これが解消されることなく積み重なってしまうと、色素が沈着して黒ずみになってしまうのです。

 

 

○ひじ、膝の黒ずみの原因は摩擦、乾燥

 

そもそも膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツなので、皮脂や汗がほとんど出ません。
うるおいが少ないため、刺激に対してかなり弱い部分なのです。
そのわりに膝は酷使されやすく、膝をついてしまったり、ぴったりしたジーンズをはいたり脚を組んだりと

膝がこすれる動作を繰り返すことで肌が刺激され、色素沈着を起してしまいます。

 

 

○なんとなく行っている普段の生活習慣を見直しましょう

 

膝の黒ずみをケアするなら、まず第一に、黒ずみの原因となっている“習慣”を見直しましょう。
手厚いケアを行っても、クセが治らないと再び黒ずみを作ってしまいます。

黒ずみの原因となる習慣とは、必要以上に床に膝をついたり

入浴時にナイロンタオルで体を洗ったり、締め付けすぎる下着を身に着ける…などです。
これらのクセを改善するだけでもずいぶん変わってくるのではないでしょうか。

すでに黒ずみになってしまった部分のケアも大切です。

皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進んでいきます。

一度できた黒ずみは自然には改善されません。
まずは膝の皮膚をやわらかくするために、湯船にゆっくりと入ったり、スクラブでやさしくマッサージを。

ゴシゴシこすると刺激になってしまうので注意してください。

頻繁にやりすぎてもよくないので、月に1~2回程度がおすすめです。
また、お風呂から出たら肌を化粧水で保湿し、「ラスター」でフタをしてあげます。

 

○毎日の心がけで黒ずみゼロの膝を

 

膝の黒ずみを放置していると、毛穴が目立ったり、

角栓ができてしまったりと、良くなることはありません。
「ラスター」にはビタミンEなどの抗酸化作用がある成分が入っていますので
お肌のターンオーバーを正常に整えてくれます。
反対に、黒ずみができやすくなるクセを正したり、ケアをするだけで肌のターンオーバーが正常になり

黒ずんだ肌のケアをしてくれます。
難しいことはなく、日々の継続が大切!この機会に膝の黒ずみケアを始めてみてください。

お風呂上りなどお肌がやわらくなっている時に化粧水などで

水分を与えてから「ラスター」をつけて

マッサージを行うと新陳代謝がよくなり、お肌の保湿はもちろんですが

肌サイクルが整いキメが細かい肌作りを助けてくれます。

%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b1%e3%82%a2

膝の黒ずみやボディケアをするなら「ラスター」

 

 

 

気になる背中ニキビ痕の治し方がわからない・・

   そんな方にもおすすめ!『美白クリームラスター』

 

プチッとできた背中ニキビ・・
無意識に掻いてしまったり、つぶしてしまったり・・・

背中に出来てしまった、ニキビ痕の色素沈着や
黒ずみというのは、普段目にしない場所なので
なかなか気がつきません。

お風呂上がりに何気なく鏡に映った背中に出来たブツブツの痕ににハッしたことありませんか?

背中ニキビ跡の黒ずみ、色素沈着はなかなか治りずらいものの一つですね。

背中ニキビの痕の黒ずみは、つぶしてしまう以外にも
衣服との摩擦による場合や他にも紫外線の影響なども考えられます。

背中ニキビができないようにすることがもちろん大切ですが
出来てしまったニキビ跡の黒ずみ、色素沈着の治し方は
どうしたらいいのでしょうか?

美白クリームラスターには、皮膚科などでも処方されている
【トラネキサム酸】が配合されています。

この【トラネキサム酸】はニキビ跡や、火傷の皮膚損傷による黒ずみなどを
治す効果があると言われ、メラニンの生成を抑制する作用、炎症を抑える作用で
黒ずみを改善し予防する(美白)効果があります。

また、紫外線や摩擦などによる表皮細胞の炎症を抑える 
【グリチルレチン酸ステアリル】という成分が含まれています。

天然植物由来成分で、抗炎症、抗アレルギー作用が非常に強い成分です。
紫外線や摩擦などによる表皮細胞の炎症を抑えることで
メラニン刺激ホルモンの活性化を抑制します。

その他にも有効な美白成分、保湿成分を含んでいるので
背中ニキビの跡の黒ずみ色素沈着の軽減におすすめの美白クリームです。

但し、他の部位と同様にニキビ跡の黒ずみ解消には時間がかかります。

ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)は一般的に
28日と言われますがこれは20代のお話です。

年齢+28日が実際のターンオーバーとも言われています。
30歳なら30+28=58日という事になります。

このように年齢によって、ニキビ跡などの黒ずみ解消には
時間がかかるのがお分りになるかと思います。

乾燥、摩擦などお肌の状態が良くない場合は
黒ずみ解消にもっと時間がかかるとも考えられます。

美白クリームラスターは乾燥、摩擦などで乱れてしまった、
お肌のターンオーバーを整えお肌の細胞に寄り添うように
黒ずみを解消する美白クリームです。

朝晩しっかりとラスターを塗ることで保湿と美白を手に入れましょう!

senaka

背中ニキビのブツブツ痕にも『ラスター』