膝下の黒ずみ・色素沈着にLusTer(ラスター)|美白濃密クリーム

黒ずみケア④

ボディ全体の黒ずみケアにも使えるクリーム。

定期コースでラスターを購入いただいているS様から、ラスター体験談と質問をいただいて・・・

 

私は、膝の黒ずみ美白クリームという初めての響きにひかれて
ラスターを購入ました。
届いて1週間ほどで塗った部分の肌の柔らかさを実感しました。

これはすごいかも!と思いボディ全体に使えるようにと毎月2本のコースに
変更させて頂きました。

膝の黒ずみも徐々に良くなってきているように思います。

お風呂上りにこのクリームを塗らないと翌日は
膝やひじだけではなく、ボディ全体の肌のクオリティに響く!と思うほど
欠かすことのできないケアアイテムになっています。

顔のケアにも使用していますが翌日の肌のしっとり感に違いがあるように感じます。
このまま、引き続き顔のお手入れにも頑張って取り入れてみたいと思っています。

そしてひざ、ひじ以上に黒ずみが気になっている場所があります。

わきの下とビキニラインなのですが、
効果が出るのに思ったより時間がかるみたいですね。

わきの下とビキニラインも他の部位同様、
ターンオーバーのサイクルで
肌は再生されますが、黒ずみの状態や肌が乾燥しているなど肌質の状態、

その他の要因(わきの脱毛の方法、Vゾーンは下着の素材など)で
黒ずみ解消にかかる期間は変わってきます。

毎日のラスターでのお手入れ以外にも脱毛方法を見直す、
下着の素材を天然素材にしてみる、など色々と改善してみることも必要かもしれません。

 

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

model-1246488_640

  

 わきの下やビキニラインの黒ずみにもラスター

ラスターで「肌フローラ」を整えて
黒ずみを解消しましょう。

最近よく聞く「肌フローラ」という言葉・・

フローラとは細菌の集まりとそのバランスのこと。

皮膚表面や皮脂腺にも常在菌が存在していて
「肌フローラ」と呼ばれているようです。
それぞれの働きによってお肌のバリア機能をになっています。

常在菌の代表的なものは

お肌の役に立つ(善玉菌) 表皮ブドウ球菌など
お肌に害を及ぼす(悪玉菌)黄色ブドウ球菌など
お肌の役にも立つがトラブルを起こすかも? アクネ球菌など

以上3つの種類が常在菌の主なものです。

善玉菌の働きのうち、とっても重要なのは、
悪玉菌の繁殖を防ぐことなんです。

善玉菌を増やし「肌フローラ」を整えるためには

①洗いすぎない
②週に何日かはノーメイクで
③適度な運動、入浴で汗を出す
④腸内環境を整える
⑤ストレスをため込まない
⑥十分な睡眠

以上の項目を実行してください。

また、お肌は「天然のクリーム」と言われる皮脂膜という
薄さわずか0.5ミクロンの天然の保護膜に覆われています。

この皮脂膜、皮膚常在菌とともに、
お肌のバリア機能を請け負っています。

皮脂膜の働きは
①角質層の水分の蒸発を防ぐ。
②雑菌の侵入や繁殖を防ぐ。
③外部からの刺激を逃す。
④角質の剥離を防ぐ

など大切な役割をもっています。

身体の洗いすぎなどで「肌フローラ」のバランスを
壊すと肌の乾燥につながりやすいのです。

肌が乾燥しやすいという方は
ナイロンタオルでゴシゴシあらう、
洗浄力の強いボディーソープを使用している・・など
思い当たる点はありませんか?

今日から入浴の際には洗いすぎない
ということに気をつけてみましょう。

もちろんお風呂上りには「ラスター」でお手入れします。

%e7%84%a1%e9%a1%8c111

「LusTer]には5つの美白成分以外に
保湿成分、「スクワラン」と「セラミド3」が含まれています。

セラミドにはセラミド1、セラミド2、セラミド3などの
名称で分類されています。

その中で「セラミド3」は保湿効果があり乾燥肌の改善、
シワの予防など優れた効果を発揮するとうことで
非常に注目されています。

「セラミド3」は紫外線によるダメージや加齢ともに減少する
セラミドを補ってくれる成分です。

「ハンドクリームやボディクリームを塗っても
ラスターのリッチな塗り心地に比べると物足りないんです。」と
店頭でのお客様の嬉しい声もいただいています。

美白+保湿が一つで叶うのが「LusTer」・・・

乾燥によるダメージはターンオーバーのサイクルを乱します。

だからこそ、「肌フローラ」を整えて「LusTer」を味方に、
肌のターンオーバーを整えましょう。

肌の生まれ変わりを正常化にすることで
黒ずみも軽減されるのです。

  Click here

    ↓↓

 ラスターで黒ずみ解消