膝下の黒ずみ・色素沈着にLusTer(ラスター)|美白濃密クリーム

色素沈着

アトピー性皮膚炎で出来た黒ずみ、
色素沈着にも「ラスター」

アトピーなどによる黒ずみ、色素沈着でお悩みで

ラスターを定期購入されておいますお客様から「肌質が改善されました。」

という嬉しい報告をいただきましたのでご紹介いたします。

M様

私は長年アトピーで苦しんでおり、
治った後も身体中の黒ずみ、色素沈着に悩まされ
様々な美容法を試しては挫折の繰り返しでした。

そんなときたまたまネットで「ラスター」のことを知り、
半信半疑で(すみません(>_<))使用したところ……

たった1週間で黒ずんで固く角質化していた肌に変化が!
肌が柔らかくなって透明感が生まれ、アトピーの掻きむしりでの色素沈着から
抜け出したくてあんなに努力していたことは何だったの?って悔やまれるくらいの変化でした。

今は、定期コース2本セットから4本セットに変えて頂いたお陰で、
首筋からデコルテの肌も、つやつや白くなりました。

エステにかかると思えば出費も惜しくありません(笑)
毎日全身気になるところに「ラスター」を塗りまくっています。

本当によい商品を作って頂き、感謝でいっぱいです。
ありがとうございます(*^^*)
これからもよろしくお願い致します。

私と同じように悩んでる方に「ラスター」を知って使って欲しいので、
是非発信していって頂けたら幸いです。

私も頑張ってきれいを目指します!

またご報告しますね。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

——————————————————————————————————-

こちらが恐縮するほどの嬉しい報告をいただき

スタッフ一同、感激しております。

お電話やメールでアトピーによる色素沈着でお悩みの方に

ラスターの使用についてご質問いただくこともあります。

現在、症状がおさまっている方は使用しても問題がありませんが

病院で処方されている塗り薬との併用はお避けください。

 

アトピー等による色素沈着に「ラスター」

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません

ガンコで消えない足や体の色素沈着の原因は何か?

お肌は表皮、つぎに真皮、そして一番奥に皮下組織という順で構成されています。
「 ターンオーバー 」 という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のことで、私たちの皮膚はつねに表皮基底細胞というところで作られて、少しずつ表面に上がってきて、、最後は垢となって剥がれ落ちる。というサイクルを繰り返しています。

%e8%89%b2%e7%b4%a0%e6%b2%88%e7%9d%80%e8%b6%b3

脱毛後の色素沈着や日焼けした肌なども色素沈着に違いないわけですが、なぜ茶色く日焼けした肌が元に戻っていくかと言えば、このターンオーバーという働きがあるからです。

じゃあ、どうして消えない色素沈着があるの?

お肌の新陳代謝さえできていれば、メラニン色素で黒くなった細胞もいずれは剥がれ落ちてもとのお肌になるはずだと思うのですが・・・。

そこでさらに要因を調べてみたところ、どうやら表皮で作られたメラニン色素が、まれに真皮側に受け渡されてしまうことがあるようなのです。
表皮と真皮の境目にある基底膜というものが境界線の役割を果たしているのですが、脱毛などで強い炎症を繰り返していると、この基底膜が崩れてしまって、メラニン色素が真皮側にも取り込まれることがあるようなのです。

ニキビ跡が消えない・・・。というのも炎症性色素沈着という立派なシミです。
皮膚に炎症がおこると活性酸素が発生し、「刺激をうけた!!」という情報がメラノサイトへ伝わります。
すると、チロシナーゼという酵素が活性化し、チロシンという物質をメラニンに変換。
メラノサイトは、メラニンの入った袋を刺激を受けた部分に届け、細胞を守ろうとします。
あれ?これって紫外線を浴びた時におきるシミのメカニズムでは・・・?と思いますよね。
そうです。シミの原因は紫外線だけではないのです。
ニキビに限らず、例えば虫刺され、傷、やけど、あせも、アレルギーや化粧品かぶれ、そしてなんと、シミ治療のためのレーザー刺激によって炎症がおきた場合にも細胞を守るためにメラニンが放出され、シミとなってしまうことがあります。
ターンオーバーは表皮で起こっているので、真皮に取り込まれてしまったメラニン色素は垢となって落ちることもなく、なかなか消すことが難しいようです。

老人性色素班と呼ばれる通常のシミは、顔や首、手の甲など、普段紫外線にさらされやすい場所に良く現れます。
しかし、炎症性色素沈着は、これらの箇所に限らず、炎症を起こした部分におこります。
炎症性色素沈着は、炎症が治る過程で現れるシミなので、放っておいても時がたてば治るケースも多いです。
しかし、炎症がひどかったり、代謝が落ちお肌の生まれ変わりが長引いていると、いつまでも色素沈着が落ち着かないこともあります。
長引く炎症性色素沈着には、どんなケアが効果的なのでしょうか。

まずは乱れたターンオーバーを正常にすることが大切なのです。
「ラスター」なら黒ずみやシミの原因となっている、メラニン色素の生成や増加を抑え、お肌の新陳代謝を上げることができるのです。

また、アルピニアカツマダイ種子エキス、トラネキサム酸、党参抽出物加水分解液、グリチルレチン酸ステアリル、油溶性甘草エキス、セラミドという6つの美白成分が入っていますのでこららの優れた成分が肌の奥深くまで浸透し、乱れたターンオーバーを正常にします。

外から塗るだけでなく、ビタミンCなど身体の内側からも取り入れることで、その効果を存分に発揮するビタミンC。
シミの還元作用や、これからシミができないようにシミ生成を抑制する効果にも期待ができます。
また、炎症による活性酸素の発生を抑制し、新陳代謝を整える効果もあるので、しつこい色素沈着を徐々に薄くする働きがあります。
より早く色素沈着を治したいのであれば、内側と外側の両方をケアすることが色素沈着を薄くする近道かもしれません。

いくらいいものを使っていても、不摂生を続けたり、肌に負担をかける毎日を送っていてはいくら時間をかけても悩みは改善されません。

お肌のトラブルで悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。

それぞれに悩みは深く、いろいろな方法を試してみたけどどれもダメで・・・。
というお声もよく聞きます。
本気で克服したいと思ってありとあらゆるものを取り入れる。しかしそれがかえってお肌に負担をかけていることもあるのです。
何を飲んだらいいのか、何を塗ったらいいのかと、現状に “なにか” をプラスするのではなく、「 引き算の理論 」という逆の考え方。
「いいもの」 を取り入れる前に、まずは 「よくないこと」 を減らすということも大切です。

肌に負担をかけない。内側からビタミンCをたっぷり摂るなど、お肌のターンオーバーを促がす薬用美白濃密クリーム「ラスター」をまずはじっくり始めてみてはいかかでしょうか。。。

色素沈着を薄くするには時間はかかりますが、あきらめずにやる気持ちがとても大切なのです。

色素沈着のケアを始めるならラスター